いらっしゃいませ!!


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


中野梓


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:オススメDVD(独断と偏見)チョイス!
『シークレットウインドウ』
 ジョニー・デップ主演のサスペンス映画ですね。ずっと気になっていたので、今回鑑賞してみた次第です。

 ジョニー扮する小説家のおっさん、片田舎の別荘で一人寂しく(ワンコが一緒)執筆活動に励んでいると、ある日見知らずオヤジがやってきて、

『おいコラテメェ!よくも俺の小説を盗作しやがったな!そうでないというのなら証拠を見せやがれ!でなきゃブッ殺すぞ!』
 
と、おっさんを一方的に責め立てます。おっさん、俺は盗作なんてしてない!と突っぱねますが、それが恐怖の始まりになるとは知る由もなかった・・・というちょっと興味をそそられる展開なんですよ。

 主演のおっさんは妻の不貞が原因?で離婚していて、再婚相手の間男にイヤミをたらたらの女々しいオトコ。それでいて元妻には未練タラタラなわけなんですね。こうした登場人物の背景が物語にどこまで重要だったかはわかりませんが、話を構築していくということにおいては、何もない主人公よりは面白いというわけなんでしょう。

 ストーリーは、淡々とすすみまして、最後にちょっとしたサプライズが用意されています。といっても、ありがちなオチでして、鑑賞中に読めてしまう可能性は少なくないかも・・・。とはいえ、おいおいそこまでやるか??というエキセントリックな小説家をジョニーが好演していますよ。

 ちょっと気になったのは、ジョニー・デップといえば、『パイレーツ・オブ・カリビアン』が記憶にあるかと思いますが、劇中でジャック・スパロウのあの飄々とした動きと雰囲気、あれはキャラクター作りではなく、ジョニー自体がああいう動きをする人なのかな?と思わせるシーンが時々ありましたね。なんというか、クネクネとした動きというか・・・。


 そういうわけで、私の評価は・・・

 『取り立てて言うことはなし。暇つぶしに鑑賞するぶんにはいいんじゃね?だけど、肩透かしというか、盗作関係ないじゃん!って思うのは間違いなかろうね』
 
と、いうことで。

ちょっとガッカリな作品だったかな。

 

 
スポンサーサイト

テーマ : 映画DVD - ジャンル : 映画

| BLOG TOP |