いらっしゃいませ!!


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


中野梓


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日本の映画俳優
 以前は、作品に登場している俳優さんにさほど興味持ってなかったんですよね。洋画・邦画問わずに。

 そりゃ好きな俳優さんってのはいましたけど、あくまでもビジュアル的な好みでしかなかったんですよね。すっごくヨコシマです(笑)

 そんな中、最近すっごく興味のある俳優さんというか・・・演技にも注目している俳優さんがいまして。

 『阿部寛』『竹中直人』『香川照之』
 このお三方です。

 この人達に対する自分の共通の見解・・・それは

 『 怪 優 』 
 です。ファンの方々から怒られそうですが。これは悪い意味で言っているのではなく、すごく味があって、あるどんな役をやらせても、必要以上に存在感を出せる、それこそ主役を食うくらいの凄まじいまでの存在感があるということなんです。それなのに、普段は役のイメージを全く感じさせないというか・・・自然体じゃないですか。

 見ていて、ゾッとする程の演技っぷり、ハマりっぷり、深い演技力・・・これはそこらのポッと出のチャラ系俳優とはワケが違うと思うわけです。チャラ系俳優は、どこまで行ってもチャラ系でしかないし、起用できる役も限られます。正直、作品を鑑賞して、『えーーーー』と思うキャスティングは多々あるわけです。

 現代の日本人の俳優さんて、顔と人気ばっかりが注目されていて実際の演技を見ている人って、どれだけいるのかなあと疑問に思うんですよね。そりゃ、興行収益という点から見たら、演技に難があろうとイケメンならお客は入りますからね。まあいいんですけど。

 自分は俳優で映画を選ぶということはしないので、柔軟性に欠けちゃうかなあと反省もしたりするんですけど、せっかく観るんなら後悔したくないですから。

 
 話が脱線しちゃった。


 そんなわけで自分は、このお三方にこれからも注目していくわけですが、幅広く作品を鑑賞していくなかで、これからもそういう注目の俳優さんは増えていくだろうなと思います。今も何人かいるわけですが。

 気が向いた時に、少しずつ書いていこうかなと思います。


 


 

スポンサーサイト

テーマ : 俳優・女優 - ジャンル : 映画

| BLOG TOP |