いらっしゃいませ!!


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


中野梓


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:気になったニュース
 どっかの学校で、卒業式の時に、国旗と国歌について、ワケのわからないポリシーを全面に押し出して、裁判沙汰になってましたね。教師達でしたっけ。訴訟を起こしたのは。

 バカですか。この教師達は。

 あなた達、公務員なんですよ?自分の信念だかなんだか知らないけど、民間企業でそんなことやったらクビですよ?しかも公務員ってのは、お国がボスでしょ。そのボスにたてついて平気でいられる神経がわかんない。

 国歌と国旗。これ、日本国の『シンボル』でしょ。国の象徴でしょ。敬意を払うのが当たり前なんですよ。世界中どこの国でも国歌と国旗に敬意を表さない国なんてありません。国内の行事や祝日に国旗を掲揚すんのはそういうことなんでしょうに。国歌もしかり。だからこそ、スポーツでもそれぞれの国の代表達に敬意を表して、国歌斉唱を行うんじゃないんですか?そんなことも理解出来ないで、よく教育者なんてえらそうに。


 日教組でしょ。バックにいるのは。

 戦後教育で日本人を腑抜けにしちゃった張本人達。左翼の集まりなんでしょうか。

 教師の質が低下してるってのは、『思想』に染まってきてるからじゃないの?モノを教える立場の人間が、思想だの信念だのとふりかざすべきじゃないし、子供をダシに使って国民を洗脳しようとすんじゃないって。

 国歌を歌わない・国旗の掲揚を強制するな。これって、自分が日本人であるということを拒否しているのと同じですよ?変な連中ですよ。

 強制だとか、無理やりだとかじゃなく、日本人としての当たり前のことなんじゃないですか?だって日本国民なんだから。強制だと感じる自体がおかしいんです。

 
 くだらない。

 子供達が自分達でアイデアを出して作る卒業式。いいじゃないですか。大賛成です。歌いたい歌があるなら歌わせてあげたらいい。でも、それが国旗を掲揚しない理由になりますか?国歌を拒否する理由になりますか?フツーに考えたらわかるでしょうに。それを子供みたいな屁理屈並べて立てて、みっともないったらありゃしない。

 もしこの訴訟が、教師達の訴えを認める結果になったら、この国ますますおかしくなりますよ。


 みなさん、もうちょっと危機感もってくださいね。
スポンサーサイト

テーマ : 刑事事件・裁判関連ニュース - ジャンル : ニュース

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:気になったニュース
 秋葉原での無差別殺傷事件。覚えておいでかと思います。歩行者天国へトラックで突っ込み人をはね、さらにナイフで次々と通行人を遅い、7人もの命を奪ったあの事件です。直後の現場の様子が報道され、とても生生しく衝撃を受けたのを覚えています。

 今日、加害者である加藤被告に死刑が求刑されました。判決は先の話ですが、自分はこの求刑は当然の結果であり、反論の余地があるとは到底思えません。

 まず、お決まりの『精神疾患』というやつですが、弁護側は異常犯罪となると伝家の宝刀のごとくにこの言葉を使います。しかし、加藤被告が事件当時に精神疾患だったとはまず考えられない。なぜなら自分で計画を練り、ネットでご丁寧に宣伝して、凶器となったナイフは福井県まで出向いて購入しています。さらに道中の様子などを掲示板に書き込んでいたじゃありませんか。ちなみに被告がナイフを購入した店舗は、なくなってしまいました。

 加藤被告は、鬱だったわけでもないし精神的に追い込まれていたわけでもない。事件を起こせば自分を認めてもらえるだろう的な、そんな理由だったんじゃないんですか?精神異常者が引き起こすような事件とは違いますよ。明確な目的を持ち、周到な用意をして犯行に及んでいるんですから。

 仮に神経が病んでいたとして、判断のつかない人間だから何人殺しても関係ないじゃんって考えもどうかなと思うんですね。障害者だって、法律の庇護を受けて、健常者と同じ権利と扱いを保障されているんです。なのに罪を犯した時は、判断能力に欠けるから仕方ないでしょなんて言い分は通りません。もっとも、精神疾患の犯罪者をどこにぶちこむんだ?誰が面倒みるんだ?って問題はあるんでしょうけど・・・。

 
 しかしね、どんな罪を背負わせようと亡くなった人達はもう戻らないんですよ。あの日、自分達がなぜ死ななければならなかったのか?きっと最後の瞬間までその答えを探していたんじゃないでしょうか。それは本人にも遺族にも知ることは出来ないんです。なのに、罪を犯した犯人はのうのうと税金で生かされている。これに憤りを感じないわけがないでしょう。遺族が望むのは『極刑』でしかないんです。死んだ人間が戻らなくても、心のキズが一生癒えなくともです。だからこそ、遺族は犯人がこの世から消えてくれることを望むんです。

 よく『死んだ人はそんなことを望んでいない!』と言われますよね。

 望んでるに決まっているでしょ。人の恨みつらみを甘く見ないで下さい。

 殺される理由なんて何もない。日常を生きていただけの人達が、いきなり殺されて人生が終わってしまった。死んだ人は口も聞けないし行動も出来ない。なのに当事者でもない、生きている人間がえらそうに『死んだ人達がそんなことを望むわけがない』なんて言えることがおかしいでしょ。望んでいるんですよ。個人の恨みだけじゃない。自分達のような被害者をもう出して欲しくない。残された家族の心を守ってあげたい。それこそが死んだ人達の願いですよ。

 更生。気安く言わないでほしいです。人の人生を奪っておいて、自分はやり直す?そんなことがまかり通ると?万引きや痴漢とは違うんです。人の命を奪ったんです。遺族の人生すら狂わせたんです。更生ってのは自分だけのことでしょう?生きて遺族に償う?亡くなった人達のぶんも生きる?誰もそんなこと頼んでない。この世から消えて下さいとお願いしているんです、遺族の方々は。

 
 ちょっと熱くなりましたが・・・

 この先、加藤被告がどうなろうと、遺族の心は癒えることはありません。亡くなった人達は二度と戻りません。
 
 生きている加害者のことではなく、亡くなった方々、悲しみと苦しみの中で生きていかなければならない遺族のことをこそ、考えていかなければならないのではないのでしょうか?

 そして、今後このような事件の起こらぬよう、国民一人一人が自覚と責任をもって行動することが大切なのではないでしょうか?

 他人事にしている人達、無責任に事件を論じる人達、さまざまでしょうけど・・・

 

 安っぽい正義論を振りかざすのだけはやめてくださいね。

 ほんとうにムカツクから。

 



 

テーマ : 刑事事件・裁判関連ニュース - ジャンル : ニュース

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:保育園で働いた!
 あー・・・疲れた。

 ならブログなんて書いてないで早く寝ろよってツッコミはとっても痛い・・・。

 もうね、毎日仕事と家事と試験勉強で、クタクタなんですねーボク。

 保育園ってね、想像以上に激務なんですよ。子供と遊んでりゃいいってわけじゃないんですから。まあ一日の大半は子供との遊びなわけですけど、それにしたって相当、体力使うんですな(笑)。相手は一人じゃありませんしね。

 とはいうものの、これは一般企業では絶対に味わえない経験。毎日が発見の連続。同じ日常なんて存在しません。新鮮で驚きで、なによりも感動的!小さなことでも本当に感動しちゃう!子供って、本当にすごいなあと実感する毎日なんです。

 保育士なんて子供と遊んでるだけなんて思っている人、アナタの無知に乾杯!(笑)
 

 っても、自分はまだ資格がないから『保育士』は名乗れないんですよね。保育士を名乗るには、資格を取得するだけではダメで、きちんと都道府県の『保育士名簿』に登録されなきゃならないわけでして・・・今の自分が『先生』などと呼ばれるのは、非常に申し訳ないという・・・・・・。

 がしかーし、齢36にしてようやく見つけたやりたいこと!後ろを振り返るヒマはない!保育士じゃないけど、保育園で仕事してるからなんだってんだ!これでも不器用なりに一生懸命なんだ!資格だって一発合格してやるぜ!



 ・・・と、空元気をふるって毎日奮闘しているヤンでした。

 小児栄養が苦手なんですよねー・・・

テーマ : 保育園 - ジャンル : 育児

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:オススメDVD(独断と偏見)チョイス!
『シークレットウインドウ』
 ジョニー・デップ主演のサスペンス映画ですね。ずっと気になっていたので、今回鑑賞してみた次第です。

 ジョニー扮する小説家のおっさん、片田舎の別荘で一人寂しく(ワンコが一緒)執筆活動に励んでいると、ある日見知らずオヤジがやってきて、

『おいコラテメェ!よくも俺の小説を盗作しやがったな!そうでないというのなら証拠を見せやがれ!でなきゃブッ殺すぞ!』
 
と、おっさんを一方的に責め立てます。おっさん、俺は盗作なんてしてない!と突っぱねますが、それが恐怖の始まりになるとは知る由もなかった・・・というちょっと興味をそそられる展開なんですよ。

 主演のおっさんは妻の不貞が原因?で離婚していて、再婚相手の間男にイヤミをたらたらの女々しいオトコ。それでいて元妻には未練タラタラなわけなんですね。こうした登場人物の背景が物語にどこまで重要だったかはわかりませんが、話を構築していくということにおいては、何もない主人公よりは面白いというわけなんでしょう。

 ストーリーは、淡々とすすみまして、最後にちょっとしたサプライズが用意されています。といっても、ありがちなオチでして、鑑賞中に読めてしまう可能性は少なくないかも・・・。とはいえ、おいおいそこまでやるか??というエキセントリックな小説家をジョニーが好演していますよ。

 ちょっと気になったのは、ジョニー・デップといえば、『パイレーツ・オブ・カリビアン』が記憶にあるかと思いますが、劇中でジャック・スパロウのあの飄々とした動きと雰囲気、あれはキャラクター作りではなく、ジョニー自体がああいう動きをする人なのかな?と思わせるシーンが時々ありましたね。なんというか、クネクネとした動きというか・・・。


 そういうわけで、私の評価は・・・

 『取り立てて言うことはなし。暇つぶしに鑑賞するぶんにはいいんじゃね?だけど、肩透かしというか、盗作関係ないじゃん!って思うのは間違いなかろうね』
 
と、いうことで。

ちょっとガッカリな作品だったかな。

 

 

テーマ : 映画DVD - ジャンル : 映画

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:どうでもいいこと
 センター試験で、会場入りする学生達を見ていて思ったこと・・・


『大雪なのに、なぜスニーカー履いてんの?』

 こいつら、試験受けに来てんだろ?ファッションショーじゃないし、誰もお前らの靴に興味ないし。


 つうかさ・・・

 当たり前にすべってるやついたんですけど。

 素直にブーツか長靴履けよ。


 TPO考えないスタイルは・・・実にカッコワルイ。


 以上。

テーマ : 今日のつぶやき - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:気になったニュース
 全国の児童擁護施設への、ランドセルをはじめとした善意の贈り物。『伊達直人』という書置きがあったそうですね。タイガーマスクの主人公の。

 さて、ちょっと毒舌を吐いてみたいのですが・・・この手の出来事には、必ずと言っていいほど『難癖』をつけたがる輩がいます。どうでも口を出さなければ気が済まないらしいですね。

 

                    『偽善者』

 今回もネットでこの言葉が加熱していますね。さらには全国の伊達直人に対して、批判的な意見を並べ立てる人達も多いようです。しかし、ここで間違えてはならないのは、こうした『善意』で行われることに対し、いちいち賛成だの反対だのという議論が巻き起こること自体がおかしいということなんですよ。これを見誤っているから、そういう下らない議論になるんです。

 そういう意見の人達は、それこそ街頭の募金活動や歳末助け合い基金、地震等の被災地への援助など、ありとあらゆる慈善行為に目くじらを立てているのでしょうか。

 実際、あるサイトでこういう意見の人がいました。


 『ハイチで起きた地震の際、善意で無償で被災者の診察を行った医者達がいた。そのおかげでハイチの医療機関が営業面で大打撃を負った。この点から善意とはいえ、ハイチの医療機関に損害を与えた行為は非難されるべきである。今回の伊達直人の一件も、手放しで賛成する人達はおかしいのではないか?』
 というのです。

 ・・・この意見はおかしくね?

 この人の意見にならうなら、全国の伊達直人がこれ以上の善意の贈り物をしていたら、日本中の文房具店や教材・教育備品を扱うメーカーは軒並み経営が立ち行かなくなるということなんでしょうか?つまり、まっとうに商売をしている人達の邪魔になるから、伊達直人の行為は非難されるべき部分があるということ?

 たかだかランドセルを、恐らくはお金持ちでもなんでもない、一般の庶民がほんのささやかな気持ちでやっていることと、被災地の組織だった無償医療行為を比較して、非難だのなんだのとなんて器の小さい意見だと思うのは自分の傲慢でしょうか?

 自分は、どんなコトでも、10人いれば意見は10通りあるだろうと理解しています。中には過激であたまから否定するような意見もあるでしょう。人はそれぞれ価値観も違いますから。それが分っていても、なんとなく気分の悪い話だなと思うわけです。

 だいたい、マスコミが取り上げるからこんな大騒ぎになるんでしょう?

 マスコミというファクターを通しただけで、善意が『偽善』というシロモノに変わってしまう。伊達直人の行為にしても、本来全国ニュースになるような出来事じゃない。誰もそんなこと望んでいない。マスコミが面白がってニュースにして、それを読んだひねくれ者達がネットでかき回す。情けないですねえ。

 日本人ってのは、いつからこんなに根性が曲がってしまったんでしょうか?

 和を尊び、赤の他人にすら手を合わせる清らかな心を持っていたはずの日本人はどこ行った?

 話が脱線しちゃった。


 『善意』と『偽善』の区別が出来ない人達がほとんどということ。
 偽善ってのは、弱者に対して、蔑みの心を持って施しを行うことです。偽善ってのはあからさまに行うものです。売名行為です。今回の伊達直人の件で、これらが当てはまる要素がありますか?ないでしょうに。

 それに、伊達直人は、メーカーからランドセルを購入して贈っているんです。ちゃんとメーカーも潤ってますよ?そういう部分もちゃんと考慮に入れて意見を言いましょうってハナシでしょう。

 まあなんにせよ、全国の心の温かな人達のささやかな善意にこれ以上、文句をつけるような恥さらしなマネはやめろ!!ってことですよ。わかったか、バカ共!!

 しかし・・・

 『贈る前に、何が必要なのかを事前に確認してから・・・』だと?

 こういうバカな役人がいるから、人の善意が汚い連中に踏みにじられてしまうんだろうがよ!!

 国がやらなきゃならないことなのに、知らん顔して内ゲバばかりで役立たずだから、伊達直人が立ち上がったんだろうが!!それを理解しろ、愚民めが!!

 あー腹立つ!!


 ・・・この国の人間は、ほんっと、個人主義のくせして、他人の行為はいちいち気になるらしい。


 全国の伊達直人さん。外野のいうことなど意に介する必要ありませんよ。

 どうせ、自分達では何もしようとしない、そんな発想すらない、自分さえよければ他人がどうなろうが関係ない連中ですから。

 こんなささくれた日本の中、あなた方のような日本人がいたことを嬉しく思います。

 

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:気になったニュース
 今日のニュースで非常に不愉快な特集を見ました。

 『保育園は迷惑施設』
 ・・・自分は保育士資格の取得を目指しているし、今現在保育園で働いています。そういう立場からこのような意見を聞くのは、とても不愉快で腹立たしいし悲しいし、どういう人間がどういう理由でこういうことを言うのかと気になり、最後まで見てしまったんです。

 すると、予想通りというか・・・保育園をあからさまに毛嫌いした発言をしていたのは、『高齢者』の人達でした。そしてなにがそんなに嫌なのかという理由・・・予想通りというか・・・『子供の声が一日中うるさい』でした。しかし子供は一日中うるさいわけじゃないし、騒がない子供のほうが問題だと思うんですがね。

 高齢者というのは、一日中独りで家にいることが多く、そんな状況で近くに保育園が出来るとうるさくて仕方ないというわけです。はっきりと『迷惑』だと発言していました。それって言いがかりに近いと思うんだけど。

 
 ここからは自分の立場は忘れて話します。


 この高齢者達の意見は分かります。自分も夜勤仕事をしていた時などは、夜勤明けで眠りたい時など子供の騒ぐ声がうるさくて、イライラしたときが少なくありませんでした。ウチは団地なもんで音はよく通りますから。

 ですが子供はそういものだという思いがあったし、幸いにも自分は騒音をそこまで気にせずに眠れるタイプだったのであまり気にならなかったという側面はありました。しかし、そういうのが気になる人にとっては本当にうるさいのかも知れませんね。

 保育園が建設される際、周辺住人からの反対運動が起こるのは珍しいことではなく、その場合は保育園の設計から見直して住民の要望を最大限に取り入れてようやく建設と相成るそうです。ところが出来たら出来たで、今度は子供の声がうるさいと苦情がくる。踏んだり蹴ったりです。子供を保育するための施設なのに、そこまで毛嫌いする神経は理解できませんがね。

 今日の特集に登場していたある保育園も、建設の際には周辺住民からの猛反対を受け、建物の形を変えて住民の要求をすべて受け入れた結果、すごくいびつな形の保育園になっていました。一階には窓が一つもなく、外から園児の姿が見えないように高い塀がありました。保育園というよりは、刑務所の様なイメージでした。

 ここで自分が哀しく思ったのは、この園の園長先生が、『保育園というのは迷惑施設』だと認識しているということです。なぜそこまで譲歩しなければならないのか?風俗施設が建つわけじゃない。パチンコ屋が出来るわけでもない。次代を担う子供達の為なのに・・・

 しかし、保育園という施設が迷惑施設だと言われるのは何も騒音だけのせいじゃないと思います。例えば、園への送り迎えの際、駐車スペースがない園は、保護者は車を路上駐車します。そうなると近隣住民にとって、とても邪魔だし通行に支障も出ます。それなら用事が済んだら保護者はすぐに車を移動させるなり、出来るだけ車を使わないようにするなりしたらいいのですが、保護者同士でいつまでも立ち話をしていて車を移動させないだの、園の周辺が渋滞になっていても平気な保護者もたくさんいます。それなら駐車スペースを作れという反論がありそうですが、私立の園ならともかく、公立や都市圏の園にはそんな余裕などないのが現状でしょう。
 
 また、共働きの家庭などは、朝の出勤時や帰宅時に送り迎えをするのですから、自然と車を使わざるをいない状況も生まれます。それならそれで、保護者側も園が混む時間帯を避けたり、ムダ話をせずにすぐに連れて帰るなどの努力義務はあると思うんですが・・・どうなのかな。

 近年は保育園に通いたくても通えない『待機児童』が増加傾向にあります。しかし子供の数は『少子化』にともない減り続けています。このままでは、将来的に若年層の人間はどんどん減り続け、高齢者ばかりの社会へと遠からず変化してしまうでしょう。保育園の数そのものは増加しているようですが、核家族化や共働きの増加に伴い、保育施設の重要性は増すばかりです。それなのに、保育施設そのものを否定するような動きや声があること自体、信じられないですよ。

 今、保育園は迷惑施設だという人達のほとんどは高齢者ですが、この人達だって子供時代はあったんです。当然保育園に預けられて育った人もいるはず。その繰り返しですよ。こういうコトが少子化の要因の一つになっているということを全く分かっていないんだろうなと思います。子供を預ける保護者にしても、施設に反対する人達が園の周りにいるというだけで、不安になるものです。子供に危害が加えられないかというね。実際に子供嫌いな高齢者が保育園を迷惑施設呼ばわりしているわけですから。

 地域住民との交流は必要不可欠ですが、園のイベントにはしたり顔で参加して、普段は協力もせず園を迷惑施設呼ばわりする人間がいることは、とても情けないし残念です。じゃあアナタ達の孫は保育園には通わないのかというハナシです。


 なんか話が脱線しちゃったけど・・・

 園だって一生懸命なんですよ。そして、園は保護者や子供達にとって安らぎの場であり、拠り所なんですよ。それをうるさいからという理由だけで追い払おうとするような、恥ずかしい言動は謹んでもらいたいと思います。子供がかわいそうですから・・・

 園や保護者も、地域住民の理解が得られるよう努力すべきです。一人一人の行動を周りは見ています。そのことをよく考えて欲しいものです。

子は宝なんですから。

子が生み育てられなければ、将来高齢者の面倒を見る人もいなくなる。逆ピラミッドの社会が出来上がるだけです。

そのときになってからじゃ、もう遅いんですよ。

テーマ : 保育園 - ジャンル : 育児

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
 皆様、明けましておめでとうごさいます。本年もこのつまらないブログをよろしくお願いします。

 さて、新年いきなり毒舌を少々・・・


 『紅白歌合戦』

 もう観なくなって10年以上経ちますけどね、今回も時々チャンネル変える程度でした。

 つまんないんですよね。紅白。

 これでも子供の頃は、紅白ってのは面白かったんですよ。いちおうこれを観なきゃ年越せないみたいな。

 だけど、色々考えてみました。なんでここまで紅白から離れちゃったのか。

 その結果、いくつか答えが出てきました。

 ① 紅白歌合戦そのものの質の低下
 ② NHKに対する不信感
 ③ 他にも歌番組が存在する
 ④ 裏番組の充実
 こんなとこでしょうか?

 ①については、論ずる必要もないかと。歌い手の実力不足とファンのレベルの低下。本当の実力者の紅白出場回避。その結果、番組のレベルが落ちる一方なんですよ。さらに合間合間の下らない寸劇。歌番組であるにも関わらず、歌以外の茶番でつなぎをしなきゃ、持たなくなっていると。これも紅白というブランドに胡坐をかいて創意工夫をしてこなかった結果でしょうね。

 ②については、これも論ずるに値しないかな?なんせ不祥事の温床ですからな。つい先日もありましたしね。

 ③ですが、よくよく考えたら自分が紅白をよく観ていた頃って、あんまり歌番組なかったんですよ。せいぜいが『夜の○ットスタジオ』『歌の○ストテン』くらいでしょうか。今は通常の番組に加え衛星放送でも多種多様の歌番組があり、日本に限らず世界中のアーティストをいつでも見られるわけです。つまり、紅白に固執する理由もないんですよね。

 ④については、③とかぶる部分もありますが、どこの局も紅白に対抗できるだけの力のある番組を作れるようになったことで、視聴者に選択肢が増えましたよ。さらに録画機器の発達もありますね。リアルタイムで紅白を観る価値自体が薄れてきたということです。

 とまあ自分勝手な憶測に、独断と偏見でズラズラと書いてみました。他にもないわけではないですが、これらが主な要因かなあとシロウトな自分は思うわけでして。

 しかし、紅白歌合戦が年末の風物詩のひとつであることは間違いないですし、伝統もあるわけですから。そういう意味ではこれからも頑張って欲しいなとは思いますよ。

 で、視聴率もそれなりに取れているので、一週間もすれば新聞に載るでしょうよ。『視聴率○○パーセント!!』ってね。笑っちゃいます。だから向上しないってことですよーっと。

テーマ : NHK紅白歌合戦 - ジャンル : テレビ・ラジオ

| BLOG TOP |