いらっしゃいませ!!


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


中野梓


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:気になったニュース
 秋葉原での無差別殺傷事件。覚えておいでかと思います。歩行者天国へトラックで突っ込み人をはね、さらにナイフで次々と通行人を遅い、7人もの命を奪ったあの事件です。直後の現場の様子が報道され、とても生生しく衝撃を受けたのを覚えています。

 今日、加害者である加藤被告に死刑が求刑されました。判決は先の話ですが、自分はこの求刑は当然の結果であり、反論の余地があるとは到底思えません。

 まず、お決まりの『精神疾患』というやつですが、弁護側は異常犯罪となると伝家の宝刀のごとくにこの言葉を使います。しかし、加藤被告が事件当時に精神疾患だったとはまず考えられない。なぜなら自分で計画を練り、ネットでご丁寧に宣伝して、凶器となったナイフは福井県まで出向いて購入しています。さらに道中の様子などを掲示板に書き込んでいたじゃありませんか。ちなみに被告がナイフを購入した店舗は、なくなってしまいました。

 加藤被告は、鬱だったわけでもないし精神的に追い込まれていたわけでもない。事件を起こせば自分を認めてもらえるだろう的な、そんな理由だったんじゃないんですか?精神異常者が引き起こすような事件とは違いますよ。明確な目的を持ち、周到な用意をして犯行に及んでいるんですから。

 仮に神経が病んでいたとして、判断のつかない人間だから何人殺しても関係ないじゃんって考えもどうかなと思うんですね。障害者だって、法律の庇護を受けて、健常者と同じ権利と扱いを保障されているんです。なのに罪を犯した時は、判断能力に欠けるから仕方ないでしょなんて言い分は通りません。もっとも、精神疾患の犯罪者をどこにぶちこむんだ?誰が面倒みるんだ?って問題はあるんでしょうけど・・・。

 
 しかしね、どんな罪を背負わせようと亡くなった人達はもう戻らないんですよ。あの日、自分達がなぜ死ななければならなかったのか?きっと最後の瞬間までその答えを探していたんじゃないでしょうか。それは本人にも遺族にも知ることは出来ないんです。なのに、罪を犯した犯人はのうのうと税金で生かされている。これに憤りを感じないわけがないでしょう。遺族が望むのは『極刑』でしかないんです。死んだ人間が戻らなくても、心のキズが一生癒えなくともです。だからこそ、遺族は犯人がこの世から消えてくれることを望むんです。

 よく『死んだ人はそんなことを望んでいない!』と言われますよね。

 望んでるに決まっているでしょ。人の恨みつらみを甘く見ないで下さい。

 殺される理由なんて何もない。日常を生きていただけの人達が、いきなり殺されて人生が終わってしまった。死んだ人は口も聞けないし行動も出来ない。なのに当事者でもない、生きている人間がえらそうに『死んだ人達がそんなことを望むわけがない』なんて言えることがおかしいでしょ。望んでいるんですよ。個人の恨みだけじゃない。自分達のような被害者をもう出して欲しくない。残された家族の心を守ってあげたい。それこそが死んだ人達の願いですよ。

 更生。気安く言わないでほしいです。人の人生を奪っておいて、自分はやり直す?そんなことがまかり通ると?万引きや痴漢とは違うんです。人の命を奪ったんです。遺族の人生すら狂わせたんです。更生ってのは自分だけのことでしょう?生きて遺族に償う?亡くなった人達のぶんも生きる?誰もそんなこと頼んでない。この世から消えて下さいとお願いしているんです、遺族の方々は。

 
 ちょっと熱くなりましたが・・・

 この先、加藤被告がどうなろうと、遺族の心は癒えることはありません。亡くなった人達は二度と戻りません。
 
 生きている加害者のことではなく、亡くなった方々、悲しみと苦しみの中で生きていかなければならない遺族のことをこそ、考えていかなければならないのではないのでしょうか?

 そして、今後このような事件の起こらぬよう、国民一人一人が自覚と責任をもって行動することが大切なのではないでしょうか?

 他人事にしている人達、無責任に事件を論じる人達、さまざまでしょうけど・・・

 

 安っぽい正義論を振りかざすのだけはやめてくださいね。

 ほんとうにムカツクから。

 



 
スポンサーサイト

テーマ : 刑事事件・裁判関連ニュース - ジャンル : ニュース

コメント

加藤被告には極刑をもって償わせるべき

 初めまして、コメントさせていただきます。

 3年前の秋葉原無差別殺傷事件で逮捕された加藤智大被告の公判が昨日ありましたが、案の定と言いますか当然と言いますか、検察は加藤被告に死刑を求刑したようです。

 当たり前でしょう、7人を殺害し10人に重軽傷を負わせた罪は大きいし、それでいて心神耗弱だとか反省しているとか更生の可能性だとか、そんなことは100パーセントどうでもいいし、被害者及び遺族感情を大きく傷つけるもので何もなりません!! あのような残虐極まりない事件起こしておいて更生だ!? 一生償うだ!? 笑わせるな! 極刑以外ないでしょう! です。

 この事件で死んだ人は二度と戻らないし、遺族の精神的な苦痛は計り知れないでしょうし、秋葉原から一時期歩行者天国を奪った罪も軽くないです。だから加藤被告に葉極刑以外ないでしょう。起こしたことはテロにも等しいから。

 この話題ですが、私のブログでも取り扱ってますのでぜひ見に来てくださいませ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)