いらっしゃいませ!!


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


中野梓


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:ムカつくこと
 地震発生から一週間が過ぎた今、被災地の方々はつらい生活を強いられておられることだろうと思います。

 同じように目鼻の先に原発を抱える地域の者として、東北の皆様の不安と今回の人災に対する怒りも相当なものだと思います。


 さて、このような未曾有の大災害の中、世界各国のマスコミが日本人の冷静さと規律の取れた行動を賞賛しています。略奪ひとつ起きずに、皆が助け合っている・・・と。でもそれが日本人という民族であって、当たり前の行動なんですけどね。

 そんな中、被災地で犯罪行為を働くものがいるというニュースを聞いて、ふつふつと怒りが湧いています。これはラジオで聞いたのですが、支援物資の集積所を荒らす者がいるというんです。窓ガラスを割り侵入して物資を盗んでいったそうです。

 こんなことをするのは、被災者の方かなと思ったんですが、少なくとも避難所生活をしている方ならすぐにバレます。となると、津波の被害をなんとかまぬがれ、家が無事だった被災者の方の犯行ということになるんですよね。事実、自衛隊や警察の勧告を無視して、家屋にとどまっている人達が少なくないそうです。

 住みなれた家を離れたくないという気持ちは理解しますけど、そういうわがままが事態をひどくした原因の一つであることは明白だと思います。それに、行政としては家屋にとどまる人達を無視するわけにいかず、物資を届けなければならない。人手が足りないというのにです。そしてそれが滞れば、人々は先に述べたように盗みを働くようになる。悪循環です。ましてや、被害を受けた地域には、いつまた津波や大きな地震が襲うかわからない。これで峠は越したと思って安心している人がいるとしたら、とんでもないことなんです。

 倒壊した家屋から使える物を拝借するというのはやむを得ないことだと思います。生きるためですから。ですが貴重な物資を盗んだり、被災地の人間じゃない人が、ボランティアを装い金目の物を盗むのは許されることではないんです。ガソリンが不足しているから、動かない車からガソリンを抜いて使うというのも仕方ないことです。東北の寒さは厳しいですし、事実車の中で生活をされている方も少なくないのが現状ですからね。

 阪神淡路の時にも、中越のときもそういう恥知らずな人間がたくさんいたと聞きます。もちろんそんな人間はほんの一部なんでしょうけど、情けないとは思いませんか?人間としてどうだとは思いませんか?

 ボランティアを勘違いしている人達が多いのも現状で、『来てやった』という態度の人間もいます。これは本県の三国という地域に、ロシアの貨物船が座礁して、大量の重油が流出し、海岸線が壊滅状態に陥った時の話なんですが、日本全国からたくさんのボランティアの方々が支援に駆けつけてくださったんですが、その中に、ボランティアの宿泊施設や食事が用意されていなかったと、怒り心頭になる人達がいたんです。せっかく来てやったのにということなんですね。どういう神経なんでしょう。そんななら来ていらないし逆に迷惑です。被災地ってのは被災者にすら物資が行き渡らないのに、元気なボランティアにまで手は回りません。普通に考えたら分かります。善意の押し売りはその人の自己満足だし、売られるほうはたまったものじゃありません。

 
 被災地のことをほんの少しでも思うなら、自分のやろうとしていることがどういう影響を与えるのか、被災地にとって害となるものかそうでないのか。そういうことを考えるのも元気な人達の義務です。犯罪行為なんてもってのほかだし、来てやったなんて傲慢な態度も許されない。

   
 被災地の方々はもう十分に苦しんだんです。

 この上、その傷口に塩を塗るような行為はやめて頂きたい。

 被災地の方々も同じ人間です。

 
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震 - ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)