いらっしゃいませ!!


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


中野梓


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:保育園で働いた!
 保育園で仕事をするようになって一年近くが経ちました。まだ資格を持っていないため保育補助という立場は変わらないのですが、それでも毎日の子供たちの生活に深く関わるため、補助だからという無責任な気持ちにはなれませんし、正規の先生方も無資格とか補助とかいう概念はお持ちでない様子ですw


 さて、自分は一歳児のクラスを受け持っているのですが・・・最近特に思うのは、『親の育児に対する無知』ということです。え?と思われるかもしれないけど、実際にどうやってわが子を育てていいのかということが分からない親御さんがとても多いんです。

                
                正直驚きます。呆れます。


 一つ、具体的な例を挙げますと、『子供に何を食べさせていいのか分からない』という事例。これは、一歳を過ぎている子なんですけど、とっくに離乳の時期は終わっていて、食事は固形食へと移行しているのですが、この子が固形物を全く食べないんです。口に入れても全て舌で押し出すんですね。

 これには自分も担任の先生も不思議でしょうがありませんでした。好き嫌いというのならともかく、固形物を食べ物と認識しておらず、異物として判断しているようなのです。どういうことなのかと思っていたところ、毎日の連絡帳にて衝撃の事実が判明しました。

 なんとこの子、毎日ペースト状の食べ物や豆腐といったものしか与えられていなかったんです。固形はゼロ。ちょっと待ってってハナシですよ。それは、離乳の初期から中期の段階でしょ。一歳三ヶ月にもなっていて、歯も生えているのに、毎日ペーストって・・・。さすがに驚いたというか・・・。

 そういことがあって、こちらからも連絡帳にアドバイス等を記載するようになり、ようやく家庭でも固形食を与えるようになっているらしいのですが・・・ちょっとなあってカンジです。その子は園では、少しずつですが固形食になれ、食べられる物も増えてきて一安心というところなんですが。

 保育園というところは、確かに家庭での育児を補完する役割はありますが、なんでもかんでも園任せというのは違うんですよね。相談や助言、指導も行いますが・・・でもそれも家庭での状況を踏まえた上でのことであり、園としては、家庭である程度のことはきちんとクリアにしておいて欲しいというのが本音なんです。

 今回の場合、この子にだけペースト状の給食を用意することは可能です。しかし、それでは咀嚼や嚥下の機能が発達していかないし、何より栄養面での偏りが顕著です。また障害があるわけでもないのに、特別扱いすることも出来ません。ということで、クラスとしてはこの子に、多少強引でも通常食に慣れるために、日々奮闘中であります。もちろん家庭との連携の上ですが。

 しっかし・・・分からないのなら育児書見るなり、ママ友に聞くなり、祖母に聞くなりすればいいと思うんだけど・・・これも現代社会における、育児不安の一端というところなのかなあ。知識もない状態で子育てをする親御さんがすごく多いと実感しています。

 

スポンサーサイト

テーマ : 保育園 - ジャンル : 育児

コメント

ホント 分からないことだらけ!!
食事のことも 大学で習ったけど
現実とは全然違ってビックリ
親にならないとわかりませんね~

保育園などと一緒に育てていければ
1番いいですね
保育士さんは プロですもんね!!
異変に気づいて フォローしてもらえると
とても助かります^^
育児書読んでても 何が良くて何が遅れているのかわからないし
個人差なのかそうじゃないのかとかもわからない
とくに第一子のママさんはそういう人多いと思います
必要以上に周りと比べちゃったり
いろいろ試すことが不安で
前に進めなかったり・・・
そういうときはプロの出番ですよね^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


まとめtyaiました【『育児』が分からない親たち】


 保育園で仕事をするようになって一年近くが経ちました。まだ資格を持っていないため保育補助という立場は変わらないのですが、それでも毎日の子供たちの生活に深く関わるため、補助だからという無責任な気持ちにはなれませんし、正規の先生方も無資格とか補助とかいう概...